台所

頑固な汚れには住居用洗剤を使ってゴッソリ落とそう

洗剤の分類と使用方法

女性

3つの性質に分類される

住居用洗剤は一様ではなく、大きく分けて中性、酸性、アルカリ性の3種類に分類でき、それぞれ掃除するのに適した場所や使い方があります。住居用洗剤のそれぞれの特性を知った上で、適切な使用をしていくことが大切です。住居用洗剤の中で最も一般的なのが中性洗剤で、台所用の洗剤がこれに当たります。酸性洗剤やアルカリ性洗剤に比べると、洗浄力はマイルドですが、その分さまざまな汚れを落とすのに使えます。使い方としては、水で薄めてスポンジや雑巾などにつけてこすったりふき取ったりします。中性洗剤はスポンジや雑巾に付けると泡立つため、こすった後は水洗いや水拭きが必要です。洗剤分が残ってしまうと、シミの原因になりますので、よく洗剤分を洗い流すことが大切です。酸性洗剤は頑固な汚れ落としによく効く性質があり、代表例としてトイレの洗剤が挙げられます。便器の黄ばみや黒ずみなどの汚れ、尿石や水垢などの汚れをすっきり落とすことができます。塩素系の住居用洗剤と一緒に使うと有毒ガスが発生する危険性があるため、混ぜて使うことは避けなければなりません。使い方は、汚れに直接かけたり塗布した後に、ブラシなどでこすって汚れを落とします。アルカリ性洗剤は、ガス台の油汚れや換気扇など、こびりついた油汚れを落とすのに効果的です。油汚れに直接かけたり布などに浸して湿布してしばらく時間を置いた後にふき取ります。弱アルカリ性洗剤は手あかやたばこのヤニなどに効き目があるため、中性洗剤では汚れ落ちに不安がある時に広く使用することができます。